《延期》【10/3(土)】第1回京滋医用画像情報システム研究会のお知らせ

日時:2020年10月3日(土) 13:30〜(受付開始 13:00)

場所:京都府立医科大学附属病院 臨床講義棟 北臨床講義室
    京都市上京区広小路上る梶井町465

参加費:1,000円(学生無料 ※ただし社会人学生を除く)
情報交換会 会場:病院4F レストラン「風花-KAMOGAWA-」 参加費:4,000円

参加登録:ホームページ( https://kgmiis.jimdofree.com/ )からご登録ください
       (事前参加登録受付期間:2020年8月1日〜2020年9月25日)
  ※ 当日参加も可能ですが、当日受付での混雑を避けるため、事前参加登録にご協力ください
   職種・資格を問いませんので、お気軽にご参加ください

 

研究会プログラム

テーマ:「今から学ぼう!〜医用画像情報管理のことはじめ〜」

総合司会:大津赤十字病院 大門 洋之

イントロダクション
13:30 〜 13:50 京滋医用画像情報システム研究会設立のご挨拶と今後の活動について

京都第二赤十字病院 辻本 武志

第1部 教育講演 13:50 〜 14:50

座長:京都第二赤十字病院 辻本 武志

知っておくべきDICOMのキホンから標準規格まで

国立研究開発法人国立循環器病研究センター 医療情報運用管理室長 山本 剛

 

14:50 〜 15:00 〜 休憩(10分)〜

 

第2部 事例紹介 15:00 〜 16:10

座長:京都大学医学部附属病院 小泉 幸司

 線量管理どうしてますか?

 線量管理の解釈

京都大学医学部附属病院 小泉 幸司

 各施設の線量管理の対応例 ~ CT検査を中心に ~

草津総合病院 岡田 裕貴

 各施設の線量管理の対応例 ~ 血管造影検査を中心に ~

滋賀医科大学医学部附属病院 柳 勇也

 質疑応答

 

16:10 〜 16:20 〜 休憩(10分)〜

 

第3部 教育講演 16:20 〜 17:20

座長:滋賀医科大学医学部附属病院  吉村 雅寛

医療専門職として医療情報を学ぶことの意義は何か?

県立広島病院 守本 京平

日本医用画像情報専門技師会について

   〜活動報告・認定者の育成・支援に向けて〜

日本医用画像情報専門技師会 会長 守本 京平

 

閉会挨拶:京都府立医科大学附属病院 池尻 守

 

以上。